東海地区大学野球連盟規約

(名称) 第1条 本連盟は、東海地区大学野球連盟(以下、本連盟という。)と称する。
(目的) 第2条 本連盟は、学生野球の普及とその健全な発展を図ることを目的とする。
(組織) 第3条 本連盟は、全日本大学野球連盟に所属し、岐阜県、静岡県及び三重県に所在する各大学の野球部(以下、加盟大学という。)をもって組織する。
(事務局) 第4条 本連盟の事務局は、理事長の所属する当該大学に置く。
  2 当番大学については、別に定めることとする。
(事業) 第5条 本連盟は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  2 東海地区大学野球選手権大会、愛知・東海・北陸三連盟王座決定戦及び新人戦等を行う。
  3 各大会の実施については別に定める。
(役員) 第6条 本連盟につぎの役員を置く。

  • (1)会長          1名
  • (2)副会長         1名
  • (3)理事長         1名
  • (4)副理事長        3名
  • (5)事務局長        1名
  • (6)常任理事(含特別委員) 3〜6名
  • (7)理事          各加盟大学2名以内
  • (8)監事          2名
  • (9)評議員         1名

  2 前項の役員のほか、本連盟に必要のあるときは、名誉会長及び顧問を置くことができる。

第7条 会長は常任理事会で推挙され、理事会で承認された学校法人理事長又は学長が務めることとし、本連盟を代表し会務を総括する。
  2 副会長は常任理事会で推挙され、理事会で承認された加盟大学に所属する者とし、会長を補佐し、会長に事故ある時または会長が欠けたときは会長の職務を代行する。
  3 理事長は常任理事会で推挙され、理事会で承認された理事、または、本連盟の内外を問わず幅広い視野と豊かな経験をもち連盟発展に専念できる者が務めることとし、会長がこれを任命し、本連盟の会務を統轄する。又、本連盟の審判部長も兼務する。
  4 副理事長は各県1名を理事長が指名し、会長がこれを任命する。副理事長は、理事長が不在の際は、理事長が指名した副理事長が理事長の職務を代行するものとする。
  5 事務局長は会長が任命し、本連盟の会計及び事務の遂行の任に当たる。
  6 理事は各加盟大学の野球部長、副部長、総監督及び監督のうち2名以内をもって充て、会務を執行する。
  7 常任理事は、各県理事の中から推挙された者(審判担当も兼務する)及び、本連盟内外問わず会長・理事長が推挙した者(以下特別委員という)をもって構成し、会長が任命又は解任する。
  8 監事は常任理事の中から互選によって選出し、本連盟の会計を監査する。
  9 評議員は、理事の中から互選によって選出し、常任理事とする。
  2 評議員は、全日本大学野球連盟評議員会に出席し、その協議内容を常任理事会に報告するものとする。

(役員任期) 第8条 会長、副会長、理事長、副理事長、常任理事、理事及び監事、評議員の任期は2年とする。ただし再任及び兼任を妨げない。
(理事会) 第9条 本連盟に理事会を置き、第6条第1項の役員をもって組織する。
  2 理事会は、常任理事の要請を受け、本連盟に関わる事項を審議、承認する。
  3 理事会の評決権は、一加盟大学一票とする。
  4 理事会は、加盟大学の過半数をもって成立するものとする。又、欠席大学は議長に一任するものとする。
(常任理事会) 第10条 本連盟の円滑な運営と事務を遂行するため常任理事会を置き、つぎの役員をもって構成する。

  • (1)会長     1名
  • (2)副会長    1名
  • (3)理事長    1名
  • (4)副理事長   3名
  • (5)事務局長   1名
  • (6)常任理事   3名
  • (7)評議員    1名
  • (8)特別委員   1〜2名

  2 常任理事会は第12条に関わる事項を審議、決定する。ただし、常任理事会が理事会の審議にゆだねるべきと判断した事項についてはこの限りではない。

第11条 会長及び理事長は必要に応じて、理事会及び常任理事会を招集することができる。
  2 会長は、理事会及び常任理事会の議長を務めるが、この職務を副会長又は理事長に委任することができる。

(審議事項) 第12条

  • (1)本連盟の規約等の制定及び改廃に関する事項
  • (2)加盟大学の選手及び部員等の登録に関する事項
  • (3)事業計画及びその実施に関する事項
  • (4)試合に関する諸規定
  • (5)予算及び決算に関する事項
  • (6)罰則に関する事項
  • (7)その他本連盟の運営に関する重要事項
(事業) 第13条 本連盟の事業年度及び会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わるものとする。
(会計) 第14条 本連盟の運営費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってこれに充てる。
(罰則) 第15条 本連盟は、指導者及び部員が試合ないし試合外においてアマチュア規程に抵触する行為、暴言暴力行為やいやがらせまたは非行を引き起こし、学生野球の本義に違背し、健全な発展を阻害するとともに連盟運営に著しく支障をきたしたと認められるときは、その内容に応じ厳重注意、警告、謹慎、出場禁止、辞任勧告等の処置をすることができる。
  2 処置内容の審議・決定は、常任理事会がこれにあたる。
  3 常任理事会は、審議に必要と思われる関係者の出席及び関係書類の提出を求めることができ、関係者はこれに応じなければならない。
  4 日本学生野球協会審査会(以下、審査会という。)にかけなければならない事案について、常任理事会は、審査会開始日より事前に開かれるべきものであり、本連盟としての調査結果を全日本大学野球連盟に報告し、その指示を受けるものとする。
    従って、審査会が決定した処置内容が最終である。
(選手資格) 第16条 本連盟に登録できる選手の資格は、当該大学の正規の学生の身分を有し、日本学生野球憲章の精神及び本連盟の規約等を遵守し、学業を完遂することができる健全な大学野球選手であることとする。
   2 その他選手の資格についての詳細は細則に定める。
附則 この規約は、平成9年2月2日から施行する。
      平成11年12月5日に改正。
      平成14年7月13日に改正。
      平成15年12月13日に改正。
      平成16年7月17日に改正。
      平成20年2月2日に改正。
      平成20年12月6日改正。
      平成24年2月11日改定。

東海地区大学野球連盟規約細則

第1章 選手資格
第1条 加盟選手は、在籍4年以上を過ぎてはならない。
第2条 他大学より転入・編入学した加盟選手の出場資格は、登録日より本連盟の定める公式戦への出場を認めるが、他大学での在籍期間も第1条の在籍期間に含める。
第3条 社会人野球に加盟していた選手(高校卒)の出場資格は、企業チームに所属した年数と大学野球連盟に所属したトータル年数が4年を越えてはならない。但し、大学入学のため浪人期間に配慮し、この間のクラブチームでの所属はこの限りではない。
(年度途中の入学は、その月数の多少に関わらず、1年間経過とする)
   2 平成21年4月以降の入学者から適用する。
第4条 試合出場選手は、加盟登録している単独チームの選手としてのみ、岐阜県、静岡県、三重県の各地区大会、東海地区大学野球選手権大会、愛知・東海・北陸三連盟王座決定戦、明治神宮大会、全日本大学選手権大会にそれぞれ出場できるものとする。
附則
本細則は、平成9年2月2日から施行する。
     平成9年11月16日に改正。
     平成11年12月5日に改正。
     平成12年7月15日に改正。
     平成20年2月2日に改正。

東海地区大学野球連盟規約